トップボランティア募集情報 > 【登録制ボランティア】相双地区の旧警戒区域などで活動する地元ボランティア募集

福島県 【登録制ボランティア】相双地区の旧警戒区域などで活動する地元ボランティア募集

相双ボランティア準備室

作成日時: 2014年01月10日 18時45分

このボランティア情報の募集はすでに終了しています。
→ 現在募集中のボランティア情報
相双ボランティア準備室(http://sosovolunteer.com/) は原発事故により、避難を余儀なくされた相双地区の住民 の為に、地元の人間自らが立ち上がって活動し、人と人を 繋いでいく任意団体です。 できれば地元の方にご参加いただければと思います(地元 以外の方も歓迎です)。 ボランティア活動はニーズが来た時点からメールングリス トで募集を行いますので、まずはメールングリストにご登 録ください。
[条件]
・20歳以上の健康な方(帰還困難区域では20歳以上の男子のみとさせて頂いてます)
・ケガ、クルマの事故、故障など、各自の責任において参加可能な方
・現地集合現地解散可能な方
・全てにおいて自己責任で活動可能な方

■活動内容
・自宅の片付け清掃
・家具の移動や引っ越し
・草刈り
・線量測定
など、旧警戒区域以外でも、避難先でも同様の手伝いをしています。
活動についてはニーズが来た時点からメールングリストで募集を行いますので、まずはメールングリストにご登録ください。

■活動日時
ニーズが来た際に決定します。詳細はMLでご確認ください。

■参加費
なし

■活動場所
双葉郡を中心とする再編となった旧警戒区域での活動が中心。
避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域、要請があればどこでもいきます。
ほかに地元の相双地区を中心に、避難先など、何かの関わりのある地域を基本とします。
一般に線量が高いと言われてる場所であっても行きます。

■アクセスについて
現地集合現地解散でお願いします

■宿泊
なし

■主催団体
相双ボランティア準備室
http://sosovolunteer.com/

■参加にあたって(必ずお読みください)
・20歳以上の健康な方であれば、どなたでも参加出来ます(帰還困難区域では20歳以上の男子のみとさせて頂いてます)
・地域により線量の高低があるとはいえ、そういう地域での活動につき、予め理解して頂ける方のみお力添え頂ければと思います。
・ボランティアですので、給与、交通費は(基本的に)でません。
・空いてる日にちにできる範囲、時間で結構です。
・汚れても大丈夫な服装、または着替えなどは各自用意して下さい。防護服が必要な地域で、希望があればこちらで用意します
・昼食が必要な場合は各自用意して下さい。

■お申し込み方法
主旨に賛同し、実際の活動部隊に参加して頂ける方のメーリングリストを作成しています。
空いてる時間に行ける人という動きですので、何の強制もありません。
協力してもいい!という方いましたら、メールにて住所、氏名、携帯番号、メールアドレスを記入の上、申込下さい。
E-Mail info@nomadic.to

■お問合せ
福島県いわき市平字三倉57-3 ホワイトビル101
TEL 0246-38-7512
FAX 0246-38-7513
E-Mail info@nomadic.to
担当:平山

■その他
活動にあたって必須ではありませんが、ボランティア保険に加入する事をお勧めします。
各自治体の社会福祉協議会にて加入できます。年間基本300円から。
http://www.fukushihoken.co.jp/pamphlet/volunteer.pdf

■キーワード
相双地域 浜通り地方 広野町 楢葉町 富岡町 川内村 大熊町 双葉町 浪江町 葛尾村 警戒区域 計画的避難区域 登録制ボランティア